ハイキュー!!2期 7~9話 あらすじ・感想/月島の心に訪れた小さな変化が熱い!

アニメ:ハイキュー!! セカンドシーズン(第2期)

7話-8話-9話目

3. あらすじを語ってください。

<第7話>

再び東京遠征にやってきた烏野。
皆がそれぞれの新しい武器を形にするため、試合で実践していました。

皆の向上心に溢れる中、ミドルブロッカーの月島だけが、他のメンバーを冷めた目で見ていました。

そんな中、月島は偶然出くわした木兎らと共に、嫌々ながらブロック練習に付き合うことに。

月島がバレーに対して冷めている理由とは?

<第8話>

月島が何故、バレーボールを「たかが部活」と言うのか。
そこには、過去の兄との思い出が深く関係していました。

月島の苦い思い出とは一体?
また、それを打破するものは何なのか?
周囲の影響を受けて、月島が変わり始めます。

<第9話>

月島の良い変化に、周囲も気付き始めました。
しかし、その反面、日向はまだ新しい速攻を形に出来ずにいて、苛立ちを隠しきれません。

影山は一人でトスの特訓、日向は他校の選手と試合をして技を磨きます。

烏野の変人コンビの行方は?

 

作品の見どころと感想(ストーリー・好きなセリフ・声優など)

第7~9話は、月島に大きくフォーカスされていましたね。

今までただの嫌な奴だった月島。
彼の過去が明らかになることで、なんだか普通の男の子だったんだな、と感じました。
今回で好感度アップしたんじゃないですかね?

第8話で、月島に「そんなもん、プライド以外に何がいるんだ!」と掴みかかる山口もカッコ良かったです。

今までは月島の金魚のフンでしたけど、対等な「親友」って感じがしましたね!
やっぱりスポ根に友情は付き物です!
月島は本当に周囲の環境に恵まれたんだな、と感じます。

また、第9話、烏野の異様な気迫もインパクトがありました。
その原動力はまさかのバーベキュー。笑

ギャグも勿論面白いですけど、谷地の言うように、日向と影山のコンビも早く見たい所です!

コメントを残す